FC2ブログ
将棋廃人のブログ
将棋の定跡やプロの実戦についていろいろとメモ。
△6四角が最善の対抗策
今回も前回の続きです。

【図1】は△6四角と上がった局面で、この対応が恐らく最善ではないでしょうか。
△6四角が最善の対抗策 図1
この手は角をぶつける自然な手ですが、▲7五歩の位を許してしまうデメリットもあります。
【図1】からは▲7五歩が自然なのですが、
今日は▲6四同角として、対して△同歩【図2】と取る変化を書いていきます。
△6四角が最善の対抗策 図2
【図2】は▲6三角、▲7二歩、▲8五銀など手段が多く、何かありそうな局面ですが、
後手からも△1四角の狙いが残っており、簡単ではありません。

まず▲6三角△3一玉▲8五角成と進む変化ですが、△1四角【図3】と打つ手があります。
△6四角が最善の対抗策 図3
この角を打たれると先手は△4七角成を受けることができません。
ただ、▲3七歩と辛抱すれば局面は難しく、以下△3五歩▲同銀△4七角成▲6三馬【図4】と進める順は有力です。
△6四角が最善の対抗策 図4
▲7四歩~▲6四馬の狙いで、△7四歩にも▲7五歩とこじ開ける手があります。
ただ、△2二玉▲7四歩△8四銀▲6四馬△9二飛【結果図A】と辛抱されると難しいです。
△6四角が最善の対抗策 結果図A
▲6三馬△8二飛▲6四馬△9二飛は千日手コース。
といっても、後手から△3八歩や△3六歩の狙いが残っており、打開できるか微妙な形です。

【結果図A】の進行は後手が悪いとも言えません。
ただ、少し気になるのは【図2】から▲6三角△3一玉に▲7二歩【参考図1】と垂らす手です。
△6四角が最善の対抗策 参考図1
これまた難しい変化で、△5三金▲8五角成△7二飛と対応するのが普通かと思います。
ただ、▲2六歩と突き△1四角の狙いを消す手が間に合うので、少し先手が指しやすいかと思います。

ということで、変な手ですが【図2】から▲6三角には△5二角【図5】と合わせる方が良いのではないかと思います。
△6四角が最善の対抗策 図5
対して▲8五角成は△同角▲同銀で後述する変化に合流します。
まあでも普通は▲5二同角成と取り△同玉【図6】と進みますね。
△6四角が最善の対抗策 図6
通常は△5二玉と、王様を引っ張り出せれば先手が指しやすいとしたものです。
ただし【図6】から▲7五歩とすると△1四角【参考図2】で困ってしまいます。
△6四角が最善の対抗策 参考図2
▲2五角で受かってるようですが、△同角▲同銀△2四歩から追い回されて苦しいです。
なので【図6】からは△1四角を警戒して▲2六歩【図7】と突くことになりそう。
△6四角が最善の対抗策 図7
ここで後手が△7五歩と打てば決戦になります。
以下▲8五銀△同飛▲9六角△7四角▲8五角△同角▲7一飛【結果図B】
△6四角が最善の対抗策 結果図B
この瞬間は先手の銀損、さらに△6七角成とする筋があり怖いですが、少し足りないと思います。
なので△6三角と引いて全力で受けに回ってどうか、恐らく形勢不明、飛車を取れば△3九飛がある形です。

△7五歩からの決戦もありますが、△7四歩【結果図C】と控えて打つ手も考えられます。
△6四角が最善の対抗策 結果図C
ちょっと妥協した感じが否めませんが、こう辛抱されると先手も手が難しいと思います。
まあ私レベルの棋力では形勢不明と云うよりないです。投げやりで申し訳ありませんが・・・

【図2】から▲6三角の変化は以上です。
今のところ結論は出ませんでした。申し訳ありませんが難解と云うよりありません。

次に【図2】から▲8五銀【図8】と出る手について考えていきます。
△6四角が最善の対抗策 図8
この手に対して△8五同飛と取るのは▲6三角△5二角▲8五角成△同角▲7一飛【参考図3】
△6四角が最善の対抗策 参考図3
王手で飛車を下せるので、さすがにこの変化は先手よしです。

銀を取ることはできないので、【図8】で自然に△3一玉と寄ってみます。
対して▲7六銀【図9】と戻ります。
△6四角が最善の対抗策 図9
先手は食い逃げに成功しましたが、陣形のまとめにくさが残っており、形勢判断は難しいです。
【図9】から△1四角は▲2五角△同角▲同銀△2四歩▲3四歩【参考図4】
△6四角が最善の対抗策 参考図4
これもまた難しい変化ですが、先手の持ち歩の多さが生きてきそうな気がします。
ハッキリとはしませんが、これは先手が指しやすい変化だと思います。

ということで【図9】からは△5九角のほうが優るのかなと思います。
以下▲7七金寄△1五角成▲2六歩△2二銀【結果図D】
△6四角が最善の対抗策 結果図D
▲7七金寄では▲2六歩△9五角成の変化も有力でしょう。
【結果図D】となり後手陣も不安な格好ですが、▲7二歩は△同飛と取られてイマイチです。
▲3五銀や▲7五歩など手が広く難しい局面ですが、一応形勢不明と結論づけておきます。

少し戻って【図8】から△5五歩【図10】とする手も有力です。
△6四角が最善の対抗策 図10
△3一玉よりも積極的に、▲8五銀を咎めに行くならこの一手かと思います。
対して▲5五同歩は△6三角【参考図5】
△6四角が最善の対抗策 参考図5
この両取りが△5五歩の狙いでして、こうなればハッキリ後手よしです。

ならば敵の打ちたいところに打て、ということで【図10】から▲6三角は有力です。
以下△3一玉▲7六銀△7四歩【図11】
△6四角が最善の対抗策 図11
角を先着して調子が良いようですが、【図11】の△7四歩が角を取りに行くなかなかの手です。
対して▲3五銀がありそうですが、△1四角▲4八飛△5三金【参考図6】
△6四角が最善の対抗策 参考図6
こうなれば角を殺して後手よし、少し見えにくい筋ですが注意が必要です。
なので【図11】では先手も開き直って▲5五歩【結果図E】と取るくらいでしょう。
△6四角が最善の対抗策 結果図E
△5三金なら▲5四角成△同金▲同歩で勝負ということで、それも形勢不明です。
また、【結果図E】では△1四角と打つ手もあり、先手も受けが難しいところです。

少し戻って【図10】で単に▲7六銀と引き、△5六歩【結果図F】と取り込んだ局面。
△6四角が最善の対抗策 結果図F
この変化は見た目以上に先手がまとめにくいです。
▲5六同金は△5四角で困りますが、
次に△3八歩▲同飛△5七歩成▲同金△4九角の攻めがあるので、何か受けが必要です。
まあその受けが見えないので、この局面は後手指しやすいとの結論にしておきます。

今日は△6四角【図1】と受ける手、対して▲同角△同歩【図2】という変化について書きました。
ほとんどの結果図が形勢不明ですし、実際難しい局面だと思います。
まあ先手としては【図2】で▲8五銀は△5五歩が好手でやや押され気味だと思います。
なので▲6三角と打って行ったほうが良いと思います。もちろんその変化も難しいですが・・・
スポンサーサイト



テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用

▲7五歩のこじ開けがある
少し間が開いてしまいましたが、前回の続きを書きます。

【図1】は△7四歩と打ったところです。
▲7五歩のこじ開けがある 図1
この手は▲7五歩と位を取られる手を消す意味で、堅実な一手です。
局面が落ち着けば先手の陣形がまとめにくく、後手不満なしになるところ。

まず▲7七桂と跳ねる手ですが、△6四角【参考図1】と対抗してどうか。
▲7五歩のこじ開けがある 参考図1
これは▲8五銀か▲8五桂で1歩得を主張する流れです。
厳密には先手が指せそうですが、少しまとめ辛い形と思います。

【参考図1】の展開もありますが、先手としては▲7五歩【図2】とこじ開ける手のほうが良いと思います。
▲7五歩のこじ開けがある 図2
▲7五歩に対する受けですが、△8四飛は▲7四歩で無効です。
また△6四歩も▲7四歩△同銀▲7五歩△6三銀▲3七桂【参考図2】で先手が指せる形です。
▲7五歩のこじ開けがある 参考図2
よって【図2】からは△7五同歩と取るしかなく、
以下▲7四歩△6四銀▲7五銀△5五歩【図3】という進行は避けられません。
▲7五歩のこじ開けがある 図3
前回の記事の局面に比べ後手は1歩得していますが、
先手が手厚いという結論は覆らないと思います。

以下は一例です。
【図3】から▲6四銀△同角▲6五銀△8六歩【図4】
▲7五歩のこじ開けがある 図4
【図4】から▲8六同歩△同角▲8七歩△5九角成▲5五角【結果図】
▲7五歩のこじ開けがある 結果図
【結果図】はあくまで一例です。
馬を作り後手好調のようでも、駒得を見込める先手が余していると思います。

結論として【図1】の△7四歩は▲7五歩とこじ開けられて後手自身無しです。

テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用

単に▲3六銀の変化
明けましておめでとうございます。
今日はこの前の記事で書いた形【図1】の一つの変化について書いていこうと思います。
2014-01-19a.png
【図1】から△7五歩▲3六銀【図2】
単に▲3六銀の変化 図2
【図2】から△7六歩▲同銀【テーマ図】
単に▲3六銀の変化 テーマ図
今日書くのは△7五歩の仕掛けに対して▲3六銀と立つ変化です。この手は角を安定させ、後手の飛車のコビンを攻める狙いです。
△7六歩▲同銀となった【テーマ図】でいくつか候補手があります。結論から言うと△7四歩か△6四角が有力なのですが、今日は他の手段について考えていきたいと思います。

【テーマ図】から△7五歩
単に▲3六銀の変化 テーマから△7五歩
まずは強く銀取りに△7五歩と打つ手から検討します。
【テーマ図】から△7五歩▲7四歩△6四銀【図3】
単に▲3六銀の変化 図3
△7五歩に対しては▲7四歩△6四銀を利かします。【図3】からいくつか手があるのですが、
▲6五銀は△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8四飛【参考図1】となって難しいです。
単に▲3六銀の変化 参考図1
また、▲6五歩△7六歩▲6四歩【参考図2】の局面は△6四同角や△6四同歩の他に△4五銀という手段もありはっきりしません。
単に▲3六銀の変化 参考図2
【図3】から▲7五銀△5五歩【図4】
単に▲3六銀の変化 図4
上記の変化がはっきりしないので、▲7五銀を本線に考えていきます。
歩をタダ取りできたわけですが、後手にも△5五歩【図4】という手があります。
【図4】から▲6四銀△同角【図5】
単に▲3六銀の変化 図5
△5五歩と突かれると先手も▲6四銀と取るくらいでしょう。
そして【図5】ですが1歩得でかつ手番を握っている先手が手厚いと、そう思うのですが具体的な手順は難しいです。
【図5】から▲6五歩△7五角▲6六銀△8四角▲5五角△9二飛▲7三歩成【結果図その1】
単に▲3六銀の変化 結果図その1
【図5】から▲6五歩△7五角▲5五角△9二飛▲8三銀【結果図その2】
単に▲3六銀の変化 結果図その2
【図5】から▲6五歩と突き、以下は一例です。
これでは先手良しとも言い切れませんけど、【図5】からは何か先手が良くなる順があると思います。(具体的な手順が思いつかず申し訳ないです・・・)

【テーマ図】から△5五歩
単に▲3六銀の変化 テーマから△5五歩
テーマ図から△7五歩と似たような意味で△5五歩と突く手もあります。
対して▲同歩なら角道が止まりますし、▲同角なら△6四銀と出る手が角に当たってきます。
【テーマ図】から△5五歩▲同歩△7五歩▲6五銀【図6】
単に▲3六銀の変化 図6
まずは△5五歩を▲同歩と取る変化です。
角道が止まったので△7五歩と打つことができますが、▲6五銀と出られた【図6】の局面で先手の銀は安泰です。
【図6】から△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8四飛【結果図その3】
単に▲3六銀の変化 結果図その3
△6四歩と突くような手は▲5四銀で困ってしまいます。なので飛車先交換~△8四飛とするのが妥当なところですね。
そして【結果図その3】ですが、やはり1歩得の先手が手厚いと思います。手が広く難しいですが、▲5八飛と回る手が有力に見えます。

【テーマ図】から△5五歩▲同角△7五歩▲6五銀【図7】
単に▲3六銀の変化 図7
つぎに▲5五同角と取る変化です。角を近づけて△7五歩と、やはりここに歩を打ちます。
ただ▲6五銀【図7】と出られ、△6四歩には▲7四歩があるため銀をただで取られることはありません。
【図7】から△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8四飛【結果図その4】
単に▲3六銀の変化 結果図その4
となると後手も飛車先交換~△8四飛とするくらいでしょう。【結果図その4】は1歩得の先手が悪いということはないと思います。

【テーマ図】から△5五歩▲7五歩【図8】
単に▲3六銀の変化 図8
【テーマ図】から△5五歩に対して▲7五歩【図8】と打つ手も考えられます。
【図8】から△6四銀【途中図】▲5五歩△7五銀▲5四歩【結果図その5】
単に▲3六銀の変化 途中図単に▲3六銀の変化 結果図その5
【図8】からはほぼ△6四銀の一手です。【途中図】から▲6五歩△7五銀▲5五角△9二飛▲8五銀【参考図3】のような指し方も考えられますが、▲5五歩~▲5四歩【結果図その5】のほうが分かりやすいと思います。
単に▲3六銀の変化 参考図 その3単に▲3六銀の変化 参考図4
【結果図その5】で△5五歩【参考図4】という勝負手はあるのですが、▲7五銀△同角▲5五角と対応して先手よしだと思います。結論として【テーマ図】から△5五歩には▲7五歩とする手で後手がハッキリ苦しいと思います。

【テーマ図】から△6四歩
単に▲3六銀の変化 テーマから△6四歩
今日書く最後の変化は【テーマ図】から△6四歩と突く手です。この手は類似局面でも指されている手ですが・・・
【テーマ図】から△6四歩▲7五歩【途中図その2】△4二角▲3七桂△3一玉▲2六歩△2二玉▲2五歩△3四歩【結果図その6】
単に▲3六銀の変化 途中図その2単に▲3六銀の変化 結果図その6
後手の泣き所は【途中図その2】の局面で△8六歩と突けないことです。
これには▲同歩△同飛▲8五歩【参考図5】と蓋をされて飛車が死んでしまいます。
単に▲3六銀の変化 参考図5
【結果図その6】まで、平凡に駒組みを続けてしまうと駒の働きの差が大差で、先手の作戦勝ちです。

【途中図その2】から△3四銀▲3八飛【結果図その7】
単に▲3六銀の変化 結果図その7
平凡に進めると作戦負け、後手からアクションを起こすのならば、▲3七桂と跳ねられる前に△3四銀と上がるくらいだと思います。
ただし▲3八飛【結果図その7】と寄り、▲2八角と引く含みを持たせるのが好手です。
【結果図その7】ではとりあえず△5三角と上がる一手かと思いますが、少し先手が指しやすそうな形だと思います。

※追記、【図5】では▲6五銀と打つ手が手厚く、ハッキリと先手よしだと思います。
単に▲3六銀の変化 追記
△4二角△7五角どちらへ逃げても▲5五角と出て、▲7三歩成~▲7四歩が実現します。

テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用

気になっている局面
みなさんお久しぶりです。完全に失踪していましたが、最近少し将棋を指そうという気が起きてきました。ただブランクが長すぎて手が見えないですね。辛いです。

前置きはこれくらいにしましてとりあえず【図1】の局面について気になっているので書いていこうと思います。
気になっている局面図1
▲3七銀戦法に対して△6四角と出るのはどうも性に合わないです。【図1】は一般的には先手が指せると云われている局面ですが、個人的には意外と難しいと思っています。

【図1】から▲3五歩△同歩▲同角△7三銀▲4六角△8五歩【図2】
気になっている局面図2
▲3五歩△同歩▲同角は定跡手順。そこで△4五歩から盛り上がる指し方、あるいは△6四角と覗く指し方もありますが、平凡に△7三銀~△8五歩としてみます。

【図2】から▲7九玉△7五歩▲同歩△同角【図3】
気になっている局面図3
【図2】で▲7九玉と囲いを急ぐ手に対しては△7五歩▲同歩△同角【図3】が成立する可能性があります。△8五歩と突いたことにより角の退路ができているからです。

【図3】から▲7四歩△6四銀▲6五歩△4五歩▲3五角△5三銀【図4】
気になっている局面図4
【図4】までは先手が積極的に咎めに来た手順です。ただ、すぐに潰されることはなさそうなので、この局面なら後手も戦えると思います。

【図2】から▲3六銀【図5】
気になっている局面図5
上記の変化を先手が避けるのならば【図2】の局面で▲3六銀【図5】と上がることになります。
これなら△7五歩は無理なので△6四角と出る一手・・・ならば先手良し・・・とは言い切れません。もう少し続けます。

【図5】から△6四角▲2六歩△3一玉▲2五歩△3四歩▲7九玉△8四銀【図6】
気になっている局面 図6
ガッチリ組み合ってしまっては悪くなりそうな後手ですが、△3一玉型のまま△8四銀と上がる作戦があるんじゃないかと思います。
【図6】から▲3五歩は△同歩から受けに回って後手が指せると思います。また【図6】から▲8八玉なら△7五歩から先攻してどうでしょうか?

今日は久しぶりに研究してみたい指し方を思いついた・・・というのは嘘で、半分教わりましたので記事にしてみました。
後手としてはかなり無理をしている指し方に見えますが、検討してみると案外難しかったです。

テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用

朝日杯を観戦 3手目▲5六歩編
今日は朝日杯を観戦という題で、昨日の将棋の感想を書いていこうと思います。

▲谷川△三浦戦から、【図1】は△2二玉と寄ったところで、おそらくこれは新手でしょう。
朝日杯5六歩 図1
ここでは△4二銀あるいは△4二金とするのが一般的です。△2二玉は中央が薄く、特に5三の地点が薄いのが悩みです。
ここから穴熊に潜り、【図2】です。
朝日杯5六歩 図2
後手の主張がいまいちわかりませんが、先手としても攻撃態勢を作るために▲7八金と指す手が必要になっており、薄いということなのでしょうか?ただ、ここから▲6五銀の仕掛けが成立してはなあ・・・
▲6五銀以下△同銀▲同桂△5二金左▲5五歩△同歩▲5四銀【図3】と進みました。
朝日杯5六歩 図3
先手も歩が立つのは5筋だけなのですが、切れそうにないです。ここで△4四銀と打ちたいのですが、それは▲4六歩と突かれて苦しそう。実戦は△6四銀ですが、後手苦しいです。

ちょっと気になる変化は【図2】から▲6五銀に△5三銀【図4】と引く変化です。
朝日杯5六歩 図4
▲5五歩△同歩▲同飛に△4四銀としてどうにかならないかな?ただ、△5二飛とぶつける筋を決行するには放駒が多すぎ・・・これは後手無理かな・・・

この将棋は▲谷川九段の快勝で、△三浦八段があっさりと土俵を割ってしまうという内容。それだけ序盤で差がついていた模様です。

では、もう一局についても軽く触れておきますか。
▲伊藤真△佐藤康戦で【図5】の将棋です。
朝日杯5六歩 図5
端歩を突きあって、それから角道を止めるという将棋です。ひょいとしたことから、昔の将棋に合流するのが現代将棋の面白いところでしょうか?まあ、それはともかく【図6】のような駒組みです。
朝日杯5六歩 図6
個人的に注目なのが、佐藤王将が△3三角という風に囲ったことです。郷田棋王は△2四歩~△2三玉という将棋を指していますし、他に玉頭位取りや急戦といった指し方もあるからです。

この後実戦は先手が▲4八飛と回る構想が上手くいかなかったようで、佐藤王将の快勝になりました。

テーマ:囲碁・将棋・チェス - ジャンル:趣味・実用